LINE相談
TEL LINE

腰痛の原因と改善方法 | 伊勢崎市にある接骨院がく伊勢崎茂呂院は日祝日も交通事故施術に対応

営業時間
0270-20-7833

接骨院がくグループ代表
柔道整復師 山田 学 監修

腰が痛いと感じたことない方はいないのではないでしょうか?
それくらい起こりやすい腰痛の種類や治療法、予防法などについてここではお伝えしていきますね。

腰痛の原因と改善方法 もくじ

・ 腰痛について
・ 腰痛の種類
・ 腰痛の予防法
・ 腰痛 Q&A
・ 腰痛の施術法

腰痛について

腰痛で悩んでいる方はとても多く男性では腰痛が1位、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えが多い症状です。
腰痛でお悩みの方は多いのですが、病院や整形外科の検査で特定できるものはわずか15%程度で残りの85%は身体のゆがみなど、レントゲン検査などではわからない原因からきているといわれています。

参照元:厚生労働省基礎調査≫≫

腰痛の種類

<一般的にみられる腰痛>

・腰部捻挫

骨と骨の間がひねられることで痛めてしまう症状で、一度で捻って痛めたものから繰り返し少しづつひねり痛めたものまで様々な原因で起こります。また身体のゆがみが原因で腰椎と腰椎の間にひねりが発生することで起こる場合もあります。

・前屈腰痛

椎間板性腰痛ともいいます。前かがみになると痛みがでることがおおい症状です。腰椎と腰椎の間のクッション(椎間板)が筋力不足やゆがみなどでずれることで椎間板にかかる負担が1か所に集中しておこります。ひどくなると椎間板ヘルニアになることもあります。

・のけぞり腰痛

椎間関節性腰痛ともいいます。腰を反った際に痛みを感じることが多い症状です。背骨の中心から左右2~3センチの所にある背骨の連結部分に炎症が起こり痛めます。

・筋筋膜性腰痛症

腰の筋肉を覆っている筋膜や筋肉自体が痛みおこります。腰の筋肉の肉離れです。

<腰椎や骨盤に異常が起きた腰痛>

・お尻腰痛

仙腸関節性腰痛ともいいます。仙腸関節とは左右の骨盤と仙骨という骨のすき間の関節のことで左右非対称な負担がかかった時に痛めることが多いケガです。普段の動きに左右差がある方は注意が必要です。

お尻腰痛の詳しい解説はこちら≫≫

・腰椎椎間板ヘルニア

腰痛とともに足のしびれや筋力低下なども起こることがあります。腰椎と腰椎の間にある椎間板にひびが入り中身が出てくことで神経を圧迫します。

腰椎椎間板ヘルニアの詳しい解説はこちら≫≫

・腰部脊柱管狭窄症

腰椎の中の神経の通り道が狭くなってしまう症状です。
この症状では腰の痛みは少し痛い程度で足のしびれがあるために歩きづらくなってしまうこともあります。

腰部脊柱管狭窄症の詳しい解説はこちら≫≫

・腰椎分離症

腰椎が部分的に疲労骨折してしまうもので、成長期のスポーツをやっている学生の方にみられます。体の硬い方がなりやすい傾向があります。

腰椎分離症の詳しい解説はこちら≫≫

・腰椎すべり症

腰椎が他の腰椎に比べずれてしまったものをいいます。ずれた骨が神経を圧迫すると足のしびれや感覚異常などの症状がでてきます。

腰椎すべり症の詳しい解説はこちら≫≫

腰痛の予防法

腰痛にならないためには長い時間なるべく同じ姿勢を続けないことが大切です。
例えば右に腰を傾けた姿勢が続くとその姿勢で固定されてしまい反対方向にに腰を傾けられなくなってきます。
そのうちに血行不良になり腰痛がおこりやすくなります。

特に気をつけてほしいことは

・同じ姿勢を長時間続けない

・片方だけに体重をかけた姿勢をなるべくしないようにする

・バランスの良い立ち方を意識する

・荷物の持ち方を工夫する

・お風呂にしっかりつかる

<腰痛の予防体操>

ここで、腰痛の予防、改善になる体操を2つご紹介していきます。

*痛みのない範囲で行ってください

①もも裏のストレッチ

・椅子に座り、片脚を前に出します
・上体を真っ直ぐにして体を前へ倒し、太ももの後ろが伸ばします
・10秒キープしたら元の姿勢に戻ります

これを10セット行います。

ポイントは
上体を前に倒したときに腰が丸まらないようにすることです。

②弓引き運動

・横向きに寝た状態で両手を前方に伸ばします
・上になっている足を前に出し、膝を曲げて床につけます
・弓を引くように上半身を捻り、体を開いていきます
・ゆっくりと元の姿勢に戻ります

これを10回繰り返し、3セット行います。

ポイントは
体を開いたときに膝が床から離れないようにすることです。

腰痛Q&A

腰痛が強い時に施術を受けて大丈夫でしょうか?

症状に合わせて痛みを抑えることを目的とした施術をしていきます。
また痛みのでている部位に関連のあるところを一緒に施術することでより回復を早めるようにもしていきます。

腰痛は健康保険対応になりますか?

腰を痛める理由があってなってしまったものは保険対応になります。

コルセットはした方がいいですか?

腰も身体の消耗品だと考え、腰痛になりやすい方はした方は負担を減らすためにした方が良いと思います。
ダブルギアバンドというコルセットがおすすめです。

長年腰痛に悩まされています。どうすればよいですか?

長年の腰痛の方は鍼治療や骨盤矯正などの施術メニューがおすすめです。
下記のページに詳しい施術内容が書いてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

腰痛の施術法はこちら≫≫

接骨院がく伊勢崎茂呂院での料金についてはこちら≫≫