LINE相談
TEL LINE

交通事故治療Q&A | 伊勢崎市にある接骨院がく伊勢崎茂呂院は日祝日も交通事故施術に対応

営業時間
0270-20-7833

交通事故Q&A

1.交通事故に遭ってしまった時どうすればいいの?

警察に連絡→相手の情報を確認(車検証、任意保険証、免許証、電話番号、車種、
ナンバーなど)→保険会社に連絡、交通事故に遭ったことを伝える→痛みがあったら、がくに受診した
いことを連絡する→相手保険会社にがくを受診することを連絡する→がく受診、提携先の整形外科も
紹介出来ます

2.接骨院でも交通事故の治療で通えますか?

通院できます。当院は厚生労働省認定の施術所になるので、自賠責保険を使用して窓口負担0円で
治療を受けることができます。まず初めに保険会社に接骨院がくを受診すると連絡してください。
その後行きたい日が決まりましたらがくに連絡ください。

3.治療を受けるための手続きは何かありますか?

難しい手続きなどはありません。保険会社に接骨院がくに行きたいと連絡してください。
その後当院に保険会社から通院に関する連絡が来ます。これで手続きは完了です。
あとは来院の日時が決まりましたら、がくまでご連絡ください。

4.転院することはできますか?

できます。まずは保険会社に連絡して、接骨院がくに転院したいと伝えてください。
その後当院に保険会社から転院に関する連絡がきます。これで手続きは完了です。
整形外科に通院しているが診療時間に間に合わない、自宅や職場から遠く続けての通院が困難という
理由で転院される方は多いです。
来院日が決まりましたらがくまでご連絡ください。

5.初めての交通事故でどうしたらよいかわかりません

初めての事でわからない事も多いですよね。接骨院がくには交通事故に詳しいスタッフがおりますので、
一度お話を聞かせてください。

6.整形外科と接骨院の両方通いたいが、整形外科で併用を認めていませんと言われました。
どうしたらいいですか?

整形外科で同意が得られない場合、保険会社からも併用を認めてもらえない場合があります。
当院と提携している併用可能な整形外科をご紹介できますので、まずはがくにご相談ください。

7.保険会社から整形外科でレントゲンを撮って下さいと言われました。どうしたらいいですか?

事故で骨折がないか、事故と痛みが関係があるものなのか医師の診断が必要になるので、
整形外科に受診してください。初めに接骨院がくを受診してもらい、当院と提携している交通事故に強
い整形外科をご紹介することができます。

8.交通事故後徐々に痛みが強くなってきました。自賠責保険での施術対応はできますか?

一般的に事故後2週間以内の症状は事故が原因の痛みと認められる事が多いので、自賠責保険での
対応が可能になります。しかし、それ以上の期間が空いてしまうと認められない事もあります。
痛みが強くなってきているのであれば、早めの受診をお勧めします。ご相談ください。

9.保険会社から整形外科に行くように言われました。先に整形外科を受診したほうがいいですか?

整形外科の中でも交通事故に強い整形外科と、そうにでない整形外科とがあります。
交通事故に強い整形外科を選んで受診していただいた方が、今後治療を進めていく上でメリットが
多い事があります。当院が提携している交通事故に強い整形外科をご紹介することができるので、
まず先に接骨院がくにお越しください。

10.加害者が任意保険に入っていませんでした。痛みがありますが、治療は受けられますか?

相手が任意保険に入っていない場合、相手の自賠責保険(強制保険)を使って治療を受けることが
できます。またご自身が加入している任意保険を使って治療を受けることもできますが、この場合
自賠責保険ではなくご自分の健康保険を使用しての治療になります。自賠責保険は自由診療になり
治療の選択肢が多いですが、健康保険では保険内治療となり治療内容に違いがでる事もあります。
当院には交通事故に詳しいスタッフがいるのでまず初めにご相談ください。

11.物損事故から人身事故に切り替えたいです。どうしたらいいですか?

病院で事故日・初診日・傷病名が記載された診断書をもらってください。次に警察署の交通課に
連絡をして、人身事故に切り替えを希望することを伝えてください。切り替えに必要になる書類を
確認して警察署に提出すると、人身事故に切り替えることができます。
また人身事故に切り替えることで、自賠責保険を使いやすくなります

12.接骨院ではどんな治療内容ですか?

手技療法と理学療法機器を組み合わせて、一人ひとりの症状に合わせた施術メニューを
行っていきます。
ケガをした直後は、関節や筋肉などの軟部組織に炎症が起きて強い痛みを感じやすい状態です。
外部から強い刺激を加えすぎてしまうと炎症が強まり、かえって痛みが増す可能性もあります。
初めはあまり刺激を加えずに、炎症を落ち着かせる理学療法機器をメインに施術していきます。
炎症が落ち着いてきたら、関節の動きの改善や筋肉などの軟部組織の硬さを取る施術に変えて
いきます。当院はたくさんの理学療法機器の中から、その方の症状に適した機器を選択し施術を
していきます。また、鍼治療やラジオスティムといったメニューでより早く痛みの軽減を目指します。

13.通院の頻度はどのくらいがいいですか?

交通事故の症状は継続的な施術が必要になることがあります。
痛みが強く、お体もつらい期間はなるべく続けて通院をした方が症状も早く楽になります。
強い痛みが落ち着いてきても定期的に通院を続けることで、後遺障害の心配も最小限に抑える
ことができます。

交通事故では接骨院と整形外科との併用を

絶対した方がいい理由はこちら≫≫