紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

外反母趾で接骨院がく伊勢崎茂呂院への来院を検討されている方へ | 伊勢崎市にある接骨院がく伊勢崎茂呂院は土日祝日も交通事故施術に対応、平日に通院ができないという方もおこしいただけます。営業時間は夜9時まで、女性特有の冷え性やむくみの改善メニュー等もご用意しております。

営業時間
0270-20-7833

Blog記事一覧 > 2017 7月の記事一覧

外反母趾で接骨院がく伊勢崎茂呂院への来院を検討されている方へ

2017.07.27 | Category: 足の痛みの痛みでお困りの方

●外反母趾の原因はハイヒール?

 

外反母趾とは足の親指が小指の方向に寄ってしまい、親指の関節が炎症を起こして、人差し指などを圧迫して痛む症状です。

 

以前はハイヒールを履く女性に多い症状と考えられていましたが、男性でも外反母趾で悩む人は少なくありません。ハイヒールも外反母趾を引き起こす原因になりますが、外反母趾の本当の原因は歩き方のクセです。

 

外反母趾になる人の共通点として、歩く時に足の裏全体で着地するクセがあることが挙げられます。正しい歩き方では、かかとから着地します。足の裏全体で着地すると、本来使うべき筋肉を使わなくなるため、足の親指の骨が外側へと開いてしまうのです。そうすると筋肉が引っ張られますから、親指が曲がって変形します。これが外反母趾になる原因です。

 

特に足の指で体重を支えたり、足の指を使って歩いたりしていないことが、大きな要因といわれています。この状態は、足の指を骨折して長期間ギプスで固定しているようなものです。このような状態が続くと指の関節が固まってしまい、指で体重を支えたり、歩いたりできなくなって、筋肉が衰えてしまいます。

 

●外反母趾を改善する正しい歩き方

 

では、外反母趾を改善できる正しい歩き方とは、どのようなものなのでしょうか。

 

基本は踵から着地することです。そして踵から親指の方向に体重を乗せて体を前に進めます。特に足の指を意識して、指の付け根にまで体重をしっかり乗せて移動させましょう。そして足裏全体が見えるように地面を蹴って離床します。これを左右交互にリズミカルに続けられるようトレーニングしましょう。

 

慣れるまではかかとからの着地や、指に体重をのせるのが難しく感じられますが、外反母趾の痛みを改善するためには、正しい歩き方をマスターすることが大切です。

 

●外反母趾を放っておくと……

 

外反母趾を放っておくと、親指の関節が外れて人差し指に親指が重なってしまいます。こうなると歩くたびに痛みますし、体をうまく支えることができませんから、他の筋肉にも負担がかかります。これによって顎関節症や肩こりや腰痛、頭痛、めまい、自律神経失調症など、ほかの症状が出ることがあるのです。

 

体を支える土台となる足は、とても大切な部位です。外反母趾など足のトラブルは靴にばかり注意がいきがちですが、それでは根本的な解決にはなりません。足に合った靴を選ぶことが重要なのは言うまでもありませんが、それよりも重要なのが足の指を使って正しく歩くことです。

 

足が痛むけれど我慢して歩いている、仕事柄ハイヒールを履く必要がある、病院やクリニックで施術を受けたが症状が改善しない、高いインソールを購入したのに痛みが治まらない……。このような方は、接骨院がく伊勢崎茂呂院にお気軽にご相談ください。

急性腰痛と慢性腰痛について

2017.07.21 | Category: 腰痛、坐骨神経痛でお悩みの方

腰痛にはいろいろな種類があります。しかしその中でも大別すると、急性腰痛と慢性腰痛の2つのいずれかに分類できます。急性腰痛の場合、突然強い痛みが腰に発生する現象を指します。場合によっては、全く動けなくなるほどの激しい痛みを伴うこともあります。急性腰痛の中でも有名なのは、ぎっくり腰です。症状としては重たいものを持ち上げようとした時、くしゃみをしたときに急に腰に強烈な痛みが伴います。急性腰痛の場合、最初のうちは激しい痛みがあるものの、じっとしているといずれ症状の治まってくることが多いです。たいていのケースで1週間程度、長くかかっても1か月もすれば急性腰痛の9割はほぼ完治すると言われているほどです。

 

慢性腰痛は、急性腰痛ほどの強烈な痛みではありません。しかし腰に何か違和感がある、重たい・だるい感じがするといった鈍痛がいつまでも続くのが特徴的な症状です。3か月以上このような痛み・不快感の続くのが慢性腰痛です。急性腰痛の場合、ぎっくり腰に代表されるように何をきっかけにして腰痛が起きたのか、自分でも自覚があります。ところが慢性腰痛の場合、何がきっかけに腰が痛むようになったのか当人もピンと来ていないケースがあります。

 

慢性腰痛の注意しなければならない点として、急性腰痛のように何もしなくても自然に治ることは少ない点が挙げられます。慢性腰痛の場合、腰の障害がかなり悪化している、内臓の病気が背後にある、ストレスなどのメンタルな面が関係しているものが多いです。このため、じっとしていれば治るというたぐいの病気ではありません。また慢性腰痛を医療機関などで施術をしても、完治させるのは難しいのも特徴と言えます。この場合には、慢性腰痛といかに付き合うか、できるだけ日常生活に支障を発生させないように腰痛をコントロールすることが主な施術方針となります。

 

先ほど紹介したように急性腰痛の9割は適切な施術を施せば完治します。ところが残りの1割は急性腰痛からいつしか慢性腰痛に移行してしまいます。急性腰痛から慢性腰痛に移行してしまう原因はいくつかあって、例えば悪い姿勢を続けているなど腰に負担をかけ続ける、精神的なストレスなどが関係しています。EUのデータによると、慢性腰痛のお客の1/3は強いストレスなどの精神的な要因が関係していると考えられると発表しているほどです。また年齢が上になればなるほど、背骨の組織が老化して慢性腰痛に移行しやすくなります。

 

群馬にある接骨院がく伊勢崎茂呂院では、急性腰痛も慢性腰痛も、各種施術によって対応しております。皆さんの症状やどのようになりたいのか、ていねいにヒアリングをして適した施術を提案してまいります。腰痛が気になっているようであれば、一度お気軽に接骨院がく伊勢崎茂呂院へご相談ください。

交通事故での矯正施術について

2017.07.13 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故施術の一環として、「整体」や「カイロプラクティック」に通いたいと思う人もいるかもしれません。実は整体やカイロプラクティックは、知識と技術を身に着ければ誰でも開院できる民間資格にあたるため、「医療機関」とは認められていません。従って、保険会社からの施術費の支払いを期待している人は、整体やカイロプラクティックの施術費も支払ってもらえるのかどうかを保険会社に確認しておく必要があるでしょう。残念ながら、保険会社の多くはこれらの施術費に関しては支払いを渋る傾向にあります。

 

しかしそうは言っても、実際に整体やカイロプラクティックの矯正施術で、症状がかなりの程度改善されることがあるのも事実です。例えばむち打ちの場合、事故の衝撃で骨が歪んだり神経に圧迫が加わったりして痛みやしびれを引き起こしていますから、矯正施術によって歪みを治せ、神経の圧迫もなくなって働きが正常化し、痛みやしびれが解消されることもあります。交通事故によって引き起こされる腰痛の場合も、衝撃によって脊椎や骨盤が歪んだりずれたりねじれたりしたために起こっていることがありますから、矯正施術でまずは脊椎や骨盤の骨格構造を正しい状態に戻すことで改善ができます。中には交通事故が原因で首や腰に椎間板ヘルニアを引き起こすこともありますが、実は椎間板ヘルニアはまさに「カイロプラクティック施術のテーマ」とも言える疾患ですから、カイロプラクティックによる矯正施術を受けてみる価値は大いにあります。

 

とは言え、最初に触れた通り保険会社からの補償という観点で見ると、整体やカイロプラクティックでの施術はあまり「交通事故施術向き」ではありません。ただし、同じ矯正施術でも「柔道整復師」のいる「接骨院」であれば「医療行為」と認められるため、保険会社から認めてもらえる可能性があります。特に群馬の伊勢崎市でそのような接骨院をお探しの方は、「接骨院がく伊勢崎茂呂院」にご来院ください。

交通事故後の手順

2017.07.12 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故で多少なりとも負傷した場合、過失割合の大小にかかわらず相手の自賠責保険や任意保険からその施術費を支払ってもらうことができます。しかしそのためには、事故後に踏むべき手順があります。

 

事故直後はまず警察を呼びましょう。小さな事故でも補償を受けるためには必ず警察の手による「交通事故証明」が必要になります。警察を待っている間に相手側の保険会社の確認と、自分の入っている保険会社への連絡を済ませておきましょう。その場で示談するわけではありませんが、早めに連絡をしておけば保険会社の方でもしっかり準備ができます。

 

その場の処理が済めば、出来るだけ早く病院へ行きましょう。初診時に医師に診断書を作成してもらう必要があります。この診断書を提出しなければ人身事故扱いにならず保険会社から施術費を受け取ることもできなくなるので、必ず医師のいる病院に受診してください。また事故から2週間以上経過してからだと事故と症状の因果関係を認めてもらいにくくなります。このことからも、出来るだけ事故から3日以内に受診することをお勧めします。診断書により賠償金支払いの対象になったとしても、お客本人がとりあえず施術費を立て替えて支払い、後から保険会社へ請求する場合もあれば、保険会社が直接病院に支払ってくれてお客は一切支払わずに済むという場合もあり、これは保険会社のシステムや怪我の程度、施術期間などによって変わってきます。一旦立て替えなければならないことになったのであれば、健康保険を使って3割負担にすればかなり支払いが楽になるでしょう。施術は担当医によって「完治」あるいは「症状固定」が言い渡されるまで続けることができます。「症状固定」が言い渡されて残る症状は後遺症となることが分かれば、医師に後遺障害診断を作成してもらい後遺障害等級申請を行って認められれば、保険会社より後遺障害慰謝料を受け取ることができます。

 

これが交通事故施術の主な手順となりますが、保険会社や疾患の種類によってはこの過程がスムーズに進まない場合もあります。保険会社との交渉にお困りの方も、「接骨院がく伊勢崎茂呂院」にてご相談ください。

交通事故でのシートベルト損傷

2017.07.11 | Category: 交通事故・むち打ち施術

シートベルトは交通事故による衝撃によって体がフロントガラスへ打ち付けられてしまうのを防ぐ目的で使用されるものですが、このシートベルトによって体に強い圧力がかかって内臓を損傷してしまうこともあります。これを「シートベルト損傷」と呼び、シートベルトが当たっている部分、例えば脾臓や膵臓、腸間膜などが損傷し障害が起こります。

 

例えば膵臓損傷の殆どは交通事故によるシートベルト損傷が原因とされています。傷を負った直後はおへその上付近に軽い痛みが出るだけですが、徐々に痛みが強くなって胸骨あたりや背中までもが激しく痛んだり吐き気や嘔吐などの症状が出たりします。これは損傷を受けて膵液が徐々に漏れ出すため症状も徐々に表れ始めることが原因です。膵液には消化酵素があるため、これが漏れ出すと周辺組織にもダメージを与えますし、壊死した部分から感染症を合併したり腫瘍化してしまったりする恐れもあります。従って、膵臓損傷の有無をCTなどで確認し、発見したなら素早く手術で膵液の漏れを防がなければなりません。

 

脾臓損傷も、その原因の多くがシートベルト損傷によるものとされています。脾臓損傷の場合、それ自体による特徴的な症状はなく、脾臓周囲の他の組織が痛みや吐血などを引き起こした際に出血性ショックによる血圧低下が見られた場合に脾臓損傷が疑われ、検査で確認されることになります。かつては脾臓は摘出しても特に問題のない臓器と考えられていましたが、現在では免疫学的役割が明らかになり、できる限り温存する形で施術する方針となっています。

 

シートベルトは前述の通り事故から体を守るセーフベルトですから着用は不可欠ですが、これらシートベルト損傷を防ぐためにはシートベルトをきつく締めすぎず適度を心がけることをお勧めします。また、内臓損傷のような重篤な症状には至らなくても何らかの異常を感じるなら、すぐに医療機関で診てもらいましょう。「接骨院がく伊勢崎茂呂院」は交通事故施術を専門に行っている医療機関です。平日21時まで、日曜も交通事故の方のみ、予約制で午前中受付していますので、お忙しい方も是非ご来院ください。

自損事故をしたとき

2017.07.10 | Category: 交通事故・むち打ち施術

通常相手のいる接触事故の場合、交通事故施術費は相手の自賠責保険から支払われることになりますが、自損事故、つまり相手のいない自分だけの事故で怪我をした場合には当然「相手」の自賠責保険を利用することはできませんし、自身が加入している自賠責保険も適用外です。自賠責保険は「怪我を負わせてしまった相手の損害を補償するもの」だからです。そのため自損事故を起こした人の中には「全額自己負担になる」と考えて施術をためらう人もいるようですが、自損事故でも怪我は怪我。放っておくと悪化したり本来なら残らないはずの後遺症が残ってしまうかもしれませんから、体に異常を感じたならすぐに医療機関に受診しましょう。

 

それに、確かに自賠責保険を利用することはできませんが、だからといって施術費が100%自己負担になる心配はありません。まずは加入している任意保険を確認してみましょう。任意保険には自賠責保険にない様々なオプションが用意されており、自損事故補償や人身傷害補償のオプションを付けていればそれが適用されます。

 

もし任意保険に加入していない、あるいはそれらのオプションを付けていないとしても、少なくとも健康保険を利用することができるため施術費は3割負担で済むはずです。「交通事故には健康保険が適用されない」という誤解も多いようですが、これは交通事故で病院に行った時に「健康保険証は使えません」と言われてしまうことがあるためではないかと思われます。病院でこのような対応がなされるのは、もしかしたら病院の受付自身が誤解をしているかあるいは自由受付にして受付報酬を稼ごうとしているのかもしれません。病院で「使えない」と言われたなら「担当省庁により交通事故でも医療保険が使えると通知が出ているはず」と伝えてみましょう。

 

また、健康保険は医師の同意書や診断書があれば接骨院でも適用されます。当院、本庄・玉村交通事故センター「接骨院がく」でも自損事故をされた方の施術にあたり、健康保険や任意保険からの支払いを受け付けております。施術費のことは当院にお任せいただいて、お客様は施術に専念なさってください。

交通事故での肋骨骨折

2017.07.08 | Category: 交通事故・むち打ち施術

咳をしただけで疲労骨折を起こしたという話を聞くことがあるほど、肋骨は折れやすい骨ですが、それだけに交通事故でも肋骨骨折を起こすことは珍しくありません。交通事故のパターンとして多いのはバイクからの転倒で折れたというものですが、車であっても、例えばシートベルトからの圧迫やハンドルに強く打ち付けるなどの衝撃でも肋骨骨折を起こすことは十分あり得ます。

 

肋骨は胸部に左右12本ずつある1つ1つは細い骨で、全体として鳥かごのようにして肺や心臓などの内臓を保護しています。疲労骨折の場合は1~2本が骨折しますが、交通事故のように衝撃が大きく強い場合には多数の肋骨が折れて肺や胸壁の血管、内胸動静脈などを傷つけて合併症を引き起こす可能性もあります。肋骨骨折それ自体の症状としては、骨折部位の痛みと腫れ、内出血で皮膚が赤紫色になること、呼吸時の倦怠感や違和感などがありますが、痛みに関しては深呼吸したときやクシャミ・咳をした時、寝たり起きたりといった動作時に痛みを感じることもありますし、事故直後は大した痛みではなかったのに徐々に痛みがひどくなってくるということもあります。病院でレントゲン検査を受けて骨折線がハッキリ見えていれば肋骨骨折とすぐに診断できますが、ヒビや肋軟骨部の骨折であればレントゲンにも映らないため、痛みや違和感があるのに「レントゲンでは異常なし」と言われてしまうことがあります。また骨折がひどく肺に損傷が及んでいる可能性がある場合にはCT検査も行われることがあります。

 

肺に損傷が及んでいる場合は入院が必要になりますが、単なる肋骨骨折の場合にはバストバンドで胸郭が膨らまないように固定し、安静にしていれば数週間で回復していきます。しかし出来るだけ早く治したいなら接骨院で電気施術を受けると言う方法もあります。細胞を活性化し自然治癒力を高めることで骨の再生を促します。当院「接骨院がく伊勢崎茂呂院」も電気施術を含めた東洋医学に基づく処置による骨折や捻挫、打撲などの施術にあたっております。伊勢崎市周辺で交通事故施術をお考えの方は、是非ご来院ください。

交通事故での骨折について

2017.07.07 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故で骨折してしまった場合、当然ながらその施術費や入院費を保険会社に請求することができます。しかしその支払額は基本的に通院期間や通院頻度から計算され、骨折の部位や痛み具合などが考慮されるわけではありません。一般にむち打ち以外の交通事故施術で、骨折の場合通院それ自体はそれほど必要ないものの治癒までの期間は長いため、通院期間で算定される場合が殆どです。

 

従って、「病院に行っても大した施術をしてもらえるわけではないから」と勝手に通院を止めてしまうと、そこまでが「通院期間」と見なされてしまい、本来もらえるはずの賠償金額が減額されてしまいます。完治するまで、あるいは病院で「症状固定したのでもう通院の必要はない」と言われるまで続ける必要があります。「症状固定」とはこれ以上施術を続けても改善される見込みはないと判断された状態で、つまり完治せずに残ってしまった症状は後遺症として認められた状態です。後遺症が残れば後遺障害として別枠で損害賠償を請求できますから、このためにも病院で「もう通院しなくていい」と言われるまで続けましょう。

 

しかし実際、骨折に関しては病院ではギブスを付けられて安静にするよう言われるだけで、後は痛み止めの処方、時間の経過に合わせてレントゲンで確かめるだけ…といった処置に留まることが殆どで、早く治したい人にとっては「通院の意味あるの?」と疑問に思ってしまうのも無理ないかもしれません。出来るだけ早く完治させたいのであれば、担当医の許可を取ったうえで接骨院も併用すると良いでしょう。接骨院は骨折などの交通事故施術に特化した医療機関で、電気施術等で自然治癒力を高め回復を促進させる処置をとってもらうことができます。当院「接骨院がく伊勢崎茂呂院」として、多くのお客様からご支持を頂いております。

保険会社とお客様のトラブル

2017.07.06 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故の被害に遭うと相手側の保険会社と様々な話し合いや交渉をすることになりますが、この保険会社とのやり取りで嫌な思いをすることも珍しくありません。それもそのはず、保険会社は相手側の代理人であり、できるだけ相手側に有利になるように話を進めようとしますし、あくまで企業であり自社の利益が最優先されますから被害者にとっては理不尽な対応でも必要とあらば遠慮はしません。従って、残念なことですが保険会社とのトラブルは十分あり得ることと覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

当院「接骨院がく」は本庄・玉村周辺の交通事故施術で高い評価を頂いていますが、当院に来院されるお客様の中にも保険会社とのトラブルに悩まされてご相談される方が少なくありません。特に多いのは「接骨院に通院したいと言うと支払いを拒否された」というものや、「まだ完治していないのに施術費の支払いを打ち切られた」というものです。接骨院施術費の支払いを拒否してくるのは、接骨院への通院は病院への通院と比べると回数が多く施術費が高くなってしまうため、また施術費支払いの打ち切りは、自賠責保険の限度額を越えると自社から支払わなければならなくなるためで、いずれにしてもできるだけ被害者への支払額を抑えたいという意向が根底にあります。しかし実際には接骨院での施術が有効である以上、保険会社にはその費用を支払う義務がありますし、医師から正式に「完治」あるいは「症状固定」が告げられない限り施術を続けていく必要があり、保険会社には施術費を負担する義務があります。

 

ですから本来保険会社の言いなりになって泣き寝入りする必要はないのですが、被害者は交通事故示談の素人、対して保険会社はプロですからどうしても被害者側が言いくるめられてしまうケースが多いのが現状です。保険会社も経験上そのことをよく知っていますから、わざと専門用語や法律用語を羅列して相手を圧倒させ、反論の余地を与えないようにしてくるのです。このような場合、交通事故に関する法律や保険システムに詳しい誰かに相談すると良いでしょう。当院でも保険会社との交渉でお悩みのお客様をしっかりサポートさせていただいております。

交通事故での接骨院での施術費

2017.07.05 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故施術費に関する保険会社とのトラブルで多いのが、交通事故に遭い施術やリハビリの一環として接骨院に通院する場合です。特に保険会社には何も知らせず自己判断で接骨院に通ったところ、後日保険会社から接骨院での施術費は賠償金の範囲外、つまり支払えないと言われてしまうというケースが多くあります。

 

そもそも現在の日本では、交通事故施術を含め保険が適用される医療行為とは西洋医学、つまり病院施術を基本としていて、接骨院のような東洋医学は軽視される傾向にあります。実際には西洋医学と東洋医学はお互いを補う存在であり東洋医学も歴とした医療行為なのですが、できるだけ賠償金を安く抑えたい保険会社は接骨院での施術の効果性や必要性を否定してきます。保健や医療に詳しくないお客としては「認められない」と言い切られてしまっては反論の術が見つからず泣き寝入りしてしまうことも多いのですが、ここで覚えておきたいのは、「接骨院での施術も賠償金の範囲内にある」という事実。確かに接骨院で施術に当たるのは医師ではなく柔道整復師ですが、「柔道整復師の行う施術行為は医療行為に含まれる」と認められているため、保険会社が頭ごなしに「接骨院施術費は支払えない」と言い切ることはできないのです。

 

しかし実際に接骨院施術費を気持ちよく支払ってもらうためには、医師が接骨院での施術の必要性を認めていることを証明してもらわなければなりません。そのためにも担当医に接骨院にも通いたい旨をきちんと伝えておく必要があるでしょう。また後遺障害診断書は医師しか書けないため、今後の関係性を考えても医師の許可を取っておくのは大切です。

 

無事接骨院での施術が認められたなら、接骨院選びも慎重に行いましょう。柔道整復師は国家資格ですが、それでも腕の良し悪しがあるのは医者と同じです。群馬県の伊勢崎市周辺でお探しの方は、当院「接骨院がく伊勢崎茂呂院」にご来院ください。「病院でもなかなか良くならなかったケガやむち打ちが驚くほど改善された」との評価を頂いております。