MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

HOME > 妊娠中に頭痛が起こりやすい理由?

妊婦さんに多い頭痛とは?

妊娠中は浮腫みや腰痛

肩凝り、眠気

吐きつわりや食べつわりなど

様々な体の変化を経験しますが、

頭痛もその1つ。

 

特に妊婦さんの約15%が

妊娠初期に頭痛を経験するとも言われています。

 

妊娠中の頭痛は、

主に「片頭痛」と「緊張型頭痛」

この2つのうちのいずれか。

 

「片頭痛」は

頭の一部が脈打つように

ズキンズキンと痛むタイプの頭痛で、

発症の際に目が

チカチカしてくるのが特徴的です。

 

ひどい場合だと頭全体が痛み

吐き気や嘔吐も伴います。

 

この直接の原因は

頭の血管が膨張して神経を圧迫するためで、

気圧や気温の変化によって血流が

増加することで起こるのではないか

などと言われています。

 

一方の「緊張型頭痛」は、よく

「鉢巻きでギューッと

締め付けられるような感じ」

と表現されるように

頭の表面が圧迫されるような

重い痛みを感じる頭痛です。

 

 

肩凝りや眩暈、だるさなども

感じることが多いです。

 

この直接の原因は

血行不良によるもので、

脳へ送られるべき酸素が不足して

脳周辺の筋肉がこわばることで起こります。

 

血行不足の原因として一番多いのが、

デスクワークなど固定された姿勢や

猫背などの姿勢の悪さです。

 

妊娠中に頭痛が起こりやすいのは何故?

でも普段は

頭痛に悩まされることなんてないのに、

何故妊娠中だけ片頭痛や

緊張型頭痛が起こるの?

と疑問に思われる人もいることでしょう。

 

その理由として考えられる

最も大きな要因は、

ホルモンバランスの変化です。

 

例えば片頭痛の場合、

「プロゲステロン」という

妊娠状態を維持するためのホルモンが増え、

これが脳の血管を

膨張させやすくしていると考えられます。

 

また緊張型頭痛の場合、

ホルモンバランスの変化により

それをコントロールしている

自律神経もバランスを崩し、

血行を悪くしてしまうことで起こります。

 

またつわりによる嘔吐や

赤ちゃんを守る「羊水」を作るために

水分が不足すると

血液やリンパの流れも悪くなり、

頭に酸素や栄養素を

送れなくなってしまうことも要因となります。

 

その上つわりや体重増加、

食欲不振などによるストレスと

疲れが抵抗力を奪い

頭痛の後押しをしてしまうのです。

 

妊娠中の頭痛対策

片頭痛の場合

血管の膨張が原因ですから、

患部を冷やして横になると

かなり楽になります。

 

一方緊張型頭痛の場合

血行不良が原因ですから、

逆に患部を温めて血行を促し、

ストレッチなどで

凝りを解してやると良いでしょう。

 

またできるだけ心身を

リラックスさせてあげるのも大切。

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院では、

マタニティ整体や

日常生活のアドバイスなど、

できるだけ心やすらかに

マタニティライフを送るための

お手伝いをさせて頂いています。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院