MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
初めての方へ 料金

HOME > 妊婦さんの腰痛について

妊婦さんの腰痛について

妊娠時の腰痛はホルモンの影響も大きい

妊娠するとお腹が大きくなるため、

そのぶん、腰への負担も増え

腰痛に悩まされるのだろう

というのは何となく想像できますが、

この他、

妊娠すると出産の準備をスタートさせる

卵巣ホルモンのリラキシンが

分泌されるようになり、

これが腰痛の1つの原因になってきます。

 

このホルモンは赤ちゃんの居場所となる

骨盤内のスペースを確保するために

骨盤周囲の靭帯を緩ませ、

それによって

少しずつ骨盤が開いていくようになります。

 

骨盤が開くと身体の土台が不安定になり、

これを支えとして

上に乗っていた腰椎や筋肉にも

負担がかかるようになりますから、

お腹が大きくなることに加えて

土台も不安定になるという

二重の原因が生まれるのです。

 

出産における腰痛については

避けることが難しく、

この点をきちんと理解して

対策をとっていく必要があります。

 

妊娠時に腰痛に悩まされないための予防と対策

体幹の筋肉がしっかりしていると

骨盤が緩んでもその筋肉が

腰回りを支えてくれるので、

腰痛を予防するために

インナーマッスルを鍛えておくのはおすすめです。

 

インナーマッスルは激しい運動では無く

ヨガのようなゆっくりした動きで鍛えられるので、

運動が苦手という女性でも

チャレンジしやすいでしょう。

 

普段から運動不足にならないよう心がけたり、

歩いたり階段の上り下りを意識して生活することでも

鍛えていくことができます。

 

この他には、

足を崩して床に座ると

骨盤のバランスが崩れるので、

座る際は椅子やソファに

腰かけるようにしてください。

 

生活習慣の中で

骨盤のバランスを崩すような動作を

避けることは、意外と大切です。

 

またお腹いっぱい食事をとると

内臓が下垂して骨盤周辺に負担をかけるので

食べ過ぎにも注意してください。

 

腰に疲労を蓄積させないことも重要であり、

そのためにはストレッチが有効です。

 

四つん這いになって背中を丸めて

引き上げる、その後ゆっくり反らせる

といったストレッチを数回

繰り返すだけでも効果はあるので、

身体に無理をかけない程度で実践してみてください。

 

産後の腰痛はぜひ接骨院がくに相談を

産前の腰痛については

産婦人科においてマタニティヨガなどの教室を開き

カバーしてくれることが多いですが、

産後になると赤ちゃん第一になるので

なかなかお母さんの身体のカバーを

受けることが難しくなってきます。

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院では

産後の腰痛に悩むお母さんのアシストも

しっかり行わせていただきますので、

ぜひご相談ください。

 

女性スタッフもおりますので、

お気軽にご来院いただければと思います。

 

腰痛の状態や気をつけた方が良いことなど、

より症状を和らげて生活できるよう

様々なアドバイスも行わせていただくので

ぜひご利用ください。

 

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院