MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

HOME > 妊娠中・産後の腰痛対策

妊娠中の腰痛の原因

妊娠中は様々な要因が重なって

腰痛を発症しやすくなります。

 

特に生理前は必ず腰の痛みを感じる

と言うタイプの人は

妊娠後も腰痛になりやすいでしょう。

 

これは、「リラキシン」という

卵巣ホルモンの影響によるものです。

 

リラキシンは妊娠後すぐに

活発に分泌されるようになるホルモンで、

骨盤周りの靭帯を緩ませる働きがあり、

このおかげで

出産時には骨盤が開いて

赤ちゃんが通れるようになるわけですが、

この骨盤の靭帯のゆるみが

出産前の妊娠中も骨盤を

不安定にさせてしまいます。

 

骨盤が不安定でぐらついてしまうと、

骨盤周りの筋肉が

それを支えなければならなくなり、

負担がかかって腰を傷めてしまうのです。

 

このリラキシンは妊娠成立後だけでなく

生理前にも活発に分泌されるため、

生理前は腰痛になるという人は

リラキシンの影響を受けやすい人

ということになり、

妊娠中も腰の痛みに

悩まされることになるわけです。

 

妊娠中の腰の痛みの原因は

リラキシンだけではありません。

 

どんどん赤ちゃんが大きくなっていくと、

その重みで重心が前に偏り

腰椎や骨盤も前方に傾きます。

 

こうして

ただでさえ腰周辺に負担がかかっている上に、

運動不足と腹筋の伸びで筋力が低下し

余計に腰に負担をかけてしまいますし、

お腹が大きくなって

がに股歩きになると股関節と太ももの

筋肉に負担がかかって

それが腰の筋肉にも影響を及ぼします。

 

産後の腰痛の原因

以上のように妊娠中は腰に負担がかかりやすく

腰痛になりやすいのですが、

赤ちゃんを産んでしまえば

キレイさっぱり痛みがひく・・・

ということはありません。

 

むしろ分娩時は骨盤や靭帯、

関節が最大限に開いて

これまでにないくらい腰まわりの筋肉や

靭帯、関節などに大きく負担をかけます。

 

そうでありながら大抵の女性は

その負担のかかった腰を休ませる時間もなく、

産後すぐに育児に入ります。

 

出産によって伸びた靭帯は

6ヶ月以上戻らないこともあり、

その間靭帯のゆるみで不安定になった体を

腰の筋肉が支えようとして

更に腰痛が起こりますし、

骨盤が開いたときに歪んでしまうと

自ら元の形には戻れないため、

ずっと周辺の筋肉に

負担をかけてしまうことになります。

 

そのうえ

赤ちゃんをだっこしたり授乳したりと、

腰に負担をかける作業が多くなり、

腰痛が慢性化してしまうのです。

 

 

妊娠中・産後の腰痛対策

妊娠中と産後ではお腹に赤ちゃんがいるかどうか

という大きな違いがあるものの、

腰痛対策は共通しています。

 

まず腰回りを温め血行を良くすること、

ストレッチで血行促進及び

筋肉の緊張をほぐすこと、

骨盤ベルトや腰痛ベルトで

腰を支え保護することです。

 

産後は骨盤矯正もお勧めですね。

当院「接骨院がく伊勢崎茂呂院」でも

産後の骨盤矯正及び

腰の痛み全般に対する施術を行っております。

 

お気軽にご相談ください。

 

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院