MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
初めての方へ 料金

HOME > 肩甲骨周辺が痛い方へ

肩甲骨周辺が痛い方へ

右側だけ痛む原因は生活習慣が

原因であることが多い

肩甲骨の右側だけが痛いという場合、まず考えられる原因が姿勢です。姿勢が悪いことが原因で血行不良が起き、それによってこりが起きているのかもしれません。歪みがあり姿勢が悪くなっていると左右で筋肉のバランスが違ってきて、右側だけ痛くなるということが起こるのです。デスクワークで背中が丸くなる時に痛みが出る、息をすると痛みが増す、肩こりが酷いなど、こういった場合は姿勢の悪さが原因であることが大きいでしょう。改善するためには作業視線が床と並行になるよう調整する、接骨院や整体、カイロプラクティックで身体の歪みを治すといったことが必要で、当院でもお力になれますのでぜひ接骨院がく伊勢崎韮塚院にご相談ください。また生活習慣において寝る時にいつも右を下にして寝ている、朝起きると肩甲骨が痛い、寝違えを起こすことが多いといった場合は寝方が原因であることも考えられ、こういったことも改善していかなければなりません。当院ではこういった生活習慣からくる身体の悩みについてもカウンセリング、アドバイスをさせていただいております。普段何気なくおこなっている習慣でも、毎日それが続くと最終的には身体に大きな歪みをもたらしますので、ちょっとしたことを改めていくということは意外と大切なことです。こういった身体に歪みをもたらす生活習慣は意外と自分では気づきにくいものもありますから、客観的な視点から改めるべき習慣を探していくためにもぜひ当院をお役立てください。
肝臓や胆のうなど内臓が原因であることも
生活習慣以外では、病気が原因で肩甲骨の右側だけが痛くなっているといったことも考えられます。内臓の病気が原因で、関連痛として右肩や右肩甲骨、右背中などに症状が現れることは実は珍しくありません。この場合は、肝臓や胆のうに異常があると右肩甲骨が痛くなるケースが多いです。肩甲骨の右側が痛い他、身体が常にだるい、食欲が無い、甘いものや脂っぽいものが好き、睡眠不足気味といったことに思い当たるのであれば、一度病院などで検査を受けて異常が無いかをはっきりさせておいた方が良いでしょう。肝臓や胆のうといった臓器は他に比べて何か問題があった場合でも自覚症状が無く気づきにくく、おかしいと思った時には症状がかなり深刻になっているといったことも珍しくありませんから、もしかしたらという場合には早めに検査を受けておくことが大切です。検査結果に異常が無い場合は当院でお話を聞きながら原因を探るご協力をさせていただきますので、ご相談ください。多くの場合マッサージや整体、矯正などで改善が望めますので、放っておかずできるだけ早くご来院頂くことをおすすめします。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院