MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

HOME > 車の運転での腰痛

なぜ、車を運転すると腰が痛むの?

車を運転すると腰が痛むことがありませんか?

トラックやタクシーの運転手などは職業柄、

腰痛に苦しんでいる人が多いですね。

 

なぜ、車を運転すると、

腰が痛くなるのでしょうか。

 

それは運転中の姿勢が原因です。

 

車を走らせるためには

アクセルを踏まなければいけませんし、

車を止めるときにはブレーキを踏みます。

 

しかし座席に座って足を伸ばす姿勢は、

腰が反ってしまうため、

とても腰に負担がかかります。

 

現在はオートマチック車が

普及しているので、

特に腰痛になりやすいと言われています。

 

マニュアル車の場合は

左足でクラッチを踏んで

ギアチェンジを行うため、

右足と左足の両方を伸ばしますが、

オートマチック車はアクセルと

ブレーキだけしか使わないので、

左足を使う必要がありません。

 

このため両足のバランスが崩れて、

腰に負担がかかりやすいのです。

 

姿勢が悪くなるので

腰に負担がかかるのに加えて、

ストレスも腰痛を悪化させる要因になります。

 

安全運転をするために、

運転中は常に体が緊張しています。

 

特に、突然の飛び出しなどが起きた時に

すぐにブレーキをかけられるように、

足の緊張が高まった状態が続きます。

 

体が緊張すると筋肉が縮むので血行が悪くなり、

腰の筋肉に栄養や酸素が不足して

腰痛を悪化させてしまうのです。

 

運転が苦手で、

必要以上に体を緊張させている人は、

腰痛になりやすいといえます。

 

車の運転で腰が痛くならない方法は?

まず、シートの位置を適切に調節しましょう。

座席を前方に移動させて、

膝を少し曲げた状態で

ペダルを踏めるようにしてください。

 

膝が伸びた状態や、

曲がりすぎた状態では

腰に負担がかかります。

 

また、背もたれは直角にしましょう。

この方が、腰に負担がかかりません。

 

市販の腰痛防止クッションをするのも

おすすめです。

 

長時間同じ姿勢が続くほど

腰に負担がかかりますから、

できれば適度に休憩をとって、

ストレッチなどをして

筋肉をリラックスさせましょう。

 

車から降りて、

腰を左右にひねるだけでも楽になります。

 

早めの治療が大切

腰痛は慢性化させないことが大切です。

車に乗ると腰が痛くなる

という症状が出たら、

なるべく早めに治療を受けることを

おすすめします。

 

長年の運転で無理な姿勢がクセになって、

骨格がゆがんで腰痛が悪化する

こともあります。

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院では

運転をすると腰が痛む、

仕事で長時間運転するため

腰痛が慢性化してしまったという方の

施術も行っています。

 

腰の状態や体のゆがみ、

日頃の生活習慣など丁寧にカウンセリングして、

患者様の症状に合わせた

施術を行って最短時間で改善を目指します。

 

伊勢崎市周辺で腰痛にお困りの方は、

是非一度、接骨院がく伊勢崎茂呂院にご相談ください。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院