MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
初めての方へ 料金

HOME > 自律神経の乱れと腸内環境

自律神経の乱れとは

特に不定愁訴(=色々な症状が出ていること)

の原因として挙げられることの多い

「自律神経の乱れ」ですが、

これが慢性化したものを

「自律神経失調症」と呼びます。

 

そもそも自律神経とは

体の各部分が正常に機能し

生命活動を行うようコントロールする

司令塔のようなもので、

体を活動状態にする「交感神経」と

リラックス状態にする「副交感神経」とが

バランスをとって働いています。

 

この2つの自律神経がうまくバランスを

とれなくなってしまった状態が

「自律神経の乱れ」であり「自律神経失調症」と

いうわけです。

 

自律神経のバランスが崩れてしまう原因とは

精神的・構造的・化学的・環境的ストレスと

言われていますが、

実は近年、これらのストレスによっても

引き起こされる「腸内環境の悪さ」が

自律神経の乱れを引き起こす

ということが分かってきました。

 

腸内環境と自律神経の関係

腸内環境が自律神経の乱れを

引き起こすメカニズムを知るには、

まず「セロトニン」と自律神経の関係を

知っておかなければなりません。

 

「セロトニン」とは

「幸せホルモン」とも呼ばれるように、

喜びや快楽、安心感、リラックスといった

「幸せだな~」と感じさせる

脳内伝達物質のことで、

ストレスを感じる時には

それを緩和する目的で

自己防衛反応としても分泌されます。

 

セロトニンは「トリプトファン」という

必須アミノ酸を原料にして

ビタミンによって合成されますが、

これがうまく合成されず足りなくなると、

ストレスをうまく緩和できず

その影響をモロに受けてしまう、

つまりストレスに弱い体質になってしまい、

自律神経も影響を受けて

乱れてしまうというわけです。

 

このセロトニンは脳内で作られると

思われてきましたが、

近年、実は体内に存在する

セロトニンの約90%は腸にあり、

腸内で作られていることが分かってきました。

 

従って、腸内環境が悪いと

セロトニンの合成も滞り、

前述の通り自律神経を乱したり

うつ病を引き起こしたりするわけです。

 

腸内環境を整える方法

腸内環境を整えるとは、

腸内に無数に存在する

善玉菌と悪玉菌の比率を最適なものにし、

善玉菌が優勢な状態に保つことです。

「乳酸菌には整腸作用がある」と言われているのも

この乳酸菌が腸内の善玉菌の1つだからです。

 

善玉菌は味噌やチーズ、

ヨーグルトなどの発酵食品に

多く含まれていますが、

善玉菌のエサとなって

腸内環境を整えるサポートをしてくれるのが

「オリゴ糖」なので、

一緒に摂取すると更に効果がアップします。

 

自律神経失調症の施術なら接骨院がく伊勢崎茂呂院

しかし自律神経の乱れが慢性化し

重症化している自律神経失調症にまで

至っている場合、

腸内環境を整えただけで

治る可能性は低いでしょう。

 

自律神経失調症は不定愁訴の1つ

なので東洋医学の得意分野になりますから、

当「接骨院がく伊勢崎茂呂院」にご来院ください。

 

自律神経に関連した症状を、針灸などを用いて

東洋医学の観点から診察し施術させて頂きます。

 

実際に受けられたほとんどの患者様は

「針って痛くなくできて、身体も楽になる」

とのお声を多く頂いております。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院