MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
初めての方へ 料金

HOME > 便秘・腰痛・頭痛・肩凝りの共通点

■便秘は腰痛・頭痛・肩凝りの原因になる?

 

便秘、腰痛、頭痛、肩凝り・・・。

 

実はこれらには関連性があり、

1つの症状が他の症状を

引き起こしていることも珍しくありません。

 

例えば便秘のせいで腰痛が起こる、

肩凝りのせいで頭痛が起こる、

便秘のせいで頭痛が起こる・・・

といった具合です。

 

しかし

便秘と肩凝り、便秘と頭痛なんて

あまり関係がないように思えるかもしれませんね。

 

しかし

これらの疾患には全て共通点があり、

関連して引き起こされることもあります。

これらの共通点、それは

「自律神経」です。

 

便秘と腰痛の関係

腰痛に悩まされ病院で検査してみても

何も異常が見当たらず、

尚且つ

腰痛を引き起こしそうな姿勢や

生活習慣にも心当たりがない場合、

それはストレスによるものと考えられます。

 

ストレスは自律神経に影響を与えて

バランスを乱してしまう為、

痛みを緩和する脳内物質の分泌にも

異常が起こってしまいます。

 

そうなると本来正常であれば

「痛み」として感知しないようなものにさえ

「痛み」を感じてしまいます。

 

これが腰周りに関連した部分であれば、

腰痛となって現れるというわけです。

自律神経は脳内物質の分泌だけでなく、

消化・排泄に関連した消化器官の機能をも

コントロールしています。

 

従ってストレスにより

自律神経のバランスが乱れれば、

消化器官も正常に働かなくなり便秘、

特に「痙攣性便秘」を引き起こします。

こうして、

腰痛と便秘が同時に発症するというわけです。

 

便秘と頭痛の関係

前に見た通り、

自律神経の乱れが便秘を引き起こすことは

ご理解いただけたと思います。

 

では頭痛はというと、

特に片頭痛は自律神経と

深い関係があると考えられています。

 

片頭痛のメカニズムは

今のところまだ正確には解明されていないのですが、

おそらく本来必要のない状況で

脳の血管が膨張して

痛み物質が作られるのではないかと

言われています。

 

では何故本来必要のない状況で

血管が膨張するのかというと、

やはり自律神経が血管の機能を

うまくコントロールできていないことが

原因と考えられるのです。

 

便秘と肩凝りの関係

前述の通り

自律神経は血管や血液の循環機能をも

コントロールしています。

 

従って自律神経が乱れ

常に交感神経ばかりが優位になると、

血管や筋肉はいつも緊張状態となり、

血行不良が引き起こされます。

 

肩の筋肉がこの影響を受ければ

肩凝りになりますし、

血行不良により代謝が悪くなれば

便秘となるわけです。

 

■不定愁訴でお悩みの方は接骨院がく伊勢崎茂呂院へ

従って、自律神経を整えることが

便秘その他の不定愁訴に最も効果的な治療法

ということになるのですが、

様々な要因が重なって起こる

自律神経の乱れはセルフケアだけで

簡単に治らないことも少なくありません。

 

そのような場合は、

是非

当院「接骨院がく伊勢崎茂呂院」にご来院ください。

 

筋肉や神経に関連した症状に特化した接骨院で、

手技、針灸治療や最新鋭の電器療法で

早期回復のお手伝いをさせて頂いております。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院