MENU
TEL LINE

HOME > 頭痛の種類と原因

頭痛とその種類分け

頭痛とはその名の通り頭部の痛み、

特に外傷によらない痛みのことを指しますが、

これには特定の病気が原因によるものと

病気が特定できない、

つまり器質的には異常がないものとの

2種類に分けられ、

「一次性頭痛」

「二次性頭痛」

と呼び分けられています。

 

「一次性頭痛」

頭痛を訴える患者さんの9割を占める

「特定の病気が原因でない頭痛」で、

後述しますが、

更に「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発性頭痛」に

分けることができます。

 

一方の「二次性頭痛」は、

具体的には、くも膜下出血や脳出血、

脳腫瘍、髄膜炎などと言った

多くの場合脳に関係のある疾患によって

引き起こされる頭痛で、

疾患を治療すれば頭痛も解消されます。

 

一次性頭痛が慢性頭痛であるのに対し、

二次性頭痛は急性頭痛と呼ぶことができます。

 

片頭痛

女性に多いと言われる

片頭痛の特徴的な症状としては、

目がチカチカするなどの前兆が見られた後、

頭の片側(全体の場合もある)が脈拍に合わせて

ズキンズキンと強く痛みます。

 

ひどい場合には吐き気やめまいなども伴い、

歩いたり姿勢を変えるなどの

小さな動きで痛みが強くなるため、

日常動作が辛く寝込んでしまうことも

少なくありません。

 

月に数回、2~3回起こる人が多いようです。

 

片頭痛の直接の原因は頭の一部の血管が

何らかの原因で膨張し神経を圧迫するためですが、

この「何らかの原因」には気圧の変化や

ホルモンバランスの変化、

寝すぎ(過度のリラックス状態)、

サウナ、アルコールや特定の食事などが

挙げられています。

 

緊張性頭痛

頭全体や後頭部に、

締め付けられているような重い痛みを感じ

ダラダラとその状態が続きますが、

日常生活に支障を来すほどではなく、

動いても痛みは特に変わりません。

 

同時に肩凝りや首の凝りを感じ、

これが毎日起こります。

原因は筋肉の緊張による血行不良で、

姿勢の悪さや長時間のデスクワークなどで

不自然な姿勢が続くことで引き起こされます。

 

群発性頭痛

男性に多く、1~2年に1回、

一定期間(1~2ヶ月)続く頭痛で、

目の奥をえぐられるような激しい痛みで

いてもたってもいられません。

 

目の充血や鼻水、涙などを伴うこともあります。

群発期に入ると大抵毎日、

明け方など同じ時間帯に痛みが起こり、

15分~1時間ほど続きます。

 

原因は目の後ろを通っている血管が

膨張し神経を刺激することで、

何故血管が膨張するのかは分かっていません。

 

ただ、アルコールやタバコが

誘発剤になることは分かっており、

これらを摂取すると時刻に関係なく

発作が起こるため群発期には

禁酒が鉄則となります。

 

辛い頭痛は接骨院がく伊勢崎茂呂院へ

二次性頭痛は病院の分野ですが、

一次性頭痛は不定愁訴にあたるため、

当院「接骨院がく伊勢崎茂呂院」の

専門分野となります。

 

もちろん病院での治療が必要と判断されれば

提携先の病院をご紹介させて

いただきますので、

まずはご相談ください。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院