MENU
TEL LINE

HOME > 椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは

現在、腰痛を訴える患者さんの

約85%は原因不明とされており、

残る15%のうち椎間板ヘルニアが

原因とされているのは5%です。

 

全体の5%でしかないとは言え

腰痛の原因として明らかにされているものの

うちでは3分の1を占めているわけですから、

決してわずかなものとは言えないでしょう。

 

そんな椎間板ヘルニアとは、

背骨を構成する骨と骨の間にあって

クッションの役目を果たす「椎間板」が

異常を起こすことで発症する病気です。

 

椎間板は繊維輪(楕円形のクッション)と

その中に存在するゲル状の(ビー玉の様な)ズイ核で

成っていますが、

この繊維輪に重いものを持ち上げるなど

急激な強い圧力が加わることで破損すると、

中の髄核が外へ飛び出してしまいます。

 

このはみ出てきた髄核(ずいかく)が

そのそばを走っている神経を圧迫して、

痛みやしびれなどの症状を引き起こす、

これが椎間板ヘルニアというわけです。

 

椎間板ヘルニアは首の骨あるいは

腰の骨部分で起こりやすく、

前述の「腰痛」となって現れる場合は

「腰椎椎間板ヘルニア」、

首部分で起こったものは

「頸椎椎間板ヘルニア」と呼ばれます。

 

椎間板ヘルニアの検査方法

椎間板ヘルニアは、

・普段よく重い荷物を運ぶことの多い人

・長時間同じ姿勢でいることの多い人

・運動不足の人

・過去に首や腰周辺を強く打撲したことのある人

などがかかりやすいと言われています。

 

腰や首に痛みがありこれらに心当たりのある人は、

一度、接骨院がくへお越しください。

しっかりと状態を確認して病院への紹介が

必要であると判断した場合はその症状に合った

専門の先生に紹介状を書くこともできます。

 

椎間板ヘルニアの診断は、

筋肉や皮膚の感覚を1つ1つ確かめるなどして

直接的な視診や触診から検査する

「神経学的検査」と、

MRIやCTを使った「画像検査」とによって下されます。

 

画像で調べればヘルニアであるかどうかは

一目瞭然なのに何故

神経学的検査も行うのかと言うと、

実際に画像上ヘルニアが起こっているとしても、

それが必ずしも手術が必要な

事態であるとは限らないからです。

 

むしろ画像では大きなヘルニアであればあるほど

自然消滅しやすいというデータもあるほどで、

ヘルニアの殆どは保存療法で

回復すると言われています。

 

椎間板ヘルニアの治療法

整形外科や病院では

まず痛みを抑えるために

非ステロイド性消炎鎮痛薬や

筋弛緩薬を投薬したり、

痛みがひどい場合には

局所麻酔やステロイド薬を注射して

神経ブロックを行います。

 

痛みと炎症が落ち着けば、

温熱療法やマッサージ、

器具を使って骨を引っ張る牽引、

筋肉を強化する体操などの

理学療法が取られることになります。

 

この保存療法を3ヶ月ほど試みて

なお症状が改善せず本人の強い要望があれば

外科的手術が行われることになります。

 

ただし、前述の通り実際に手術が

必要なヘルニアは殆どありません。

 

保存療法でなかなか改善されないように

感じるのであれば、

是非当院「接骨院がく伊勢崎茂呂院」に

お越しください。

 

多くの患者様から

「もっと早くここで診てもらえば良かった」

というお声を頂いております。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院