MENU
TEL LINE

HOME > その膝(ひざ)の痛み…膝以外が原因?

検査で分からない膝(ひざ)の痛みもある

 

膝(ひざ)が痛む原因は、

体重をかけたときなどに

膝へ強い負担が繰り返しかかることにより

 

膝がひねられ、ズレてしまい

起こるものだといわれています。

 

ズレやねじれが原因の場合が多いので

 

医療機関で検査を行っても、

原因が分からない場合もあり

 

膝は痛いのに検査では異常なし、

というケースも少なくありません。

 

病院で処方された湿布などを貼っても、

なかなか痛みが取れない・改善されなくて

当院に来る患者さんも多くおられます。

 

 

膝以外が原因の場合も

 

ひざが痛む方に考えてほしいことがあります。

 

もし病院などの検査で膝に異常が見られなかった場合、

 

膝以外の部分が

痛みの原因となっている可能性があります。

 

膝が痛む時は、

まず膝の異常のみを疑ってしまいがちですが、

それ以外の場所に異常があり

膝の痛みが長引いてしまっている場合も実際には多いです。

 

痛みには何かしらの原因がありますので、

しっかりと原因を突き止め、適切な治療を受けることが大切です。

 

考えられる2つの原因

 

病院で検査したが異常なく

長く膝の治療を続けていても

痛みが改善しにくい場合には2つの原因が考えられます。

 

特に多いのが背骨や骨盤、

足首の骨が歪んでいるのが原因です。

 

歪んだ状態が長期間続き、

少しずつ膝に痛みが出るようになります。

 

そのため普段から足を組むクセがある方やO脚の方、

猫背など背筋が曲がり気味の方は注意が必要です。

 

猫背や姿勢が良くない方など体が歪んでいる場合も

接骨院がくで治療することが可能です。

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院は、

体の状態に合わせて手技療法で体の歪みを矯正しますので、

体の歪みが気になる方や不安がある方は一度ご来院下さい。

 

 

また腰痛・股関節の痛みも膝に影響を及ぼすことがあります。

 

例えば長時間、同じ姿勢を取っていると腰が痛くなる場合がありますが、

腰の血流が悪くなって膝に痛みが出ることもあります。

 

同様の理由で股関節が硬くなり血行が悪くなると

膝に影響することもあります。

 

膝と共に腰や股関節の施術を受けながら

ご自宅でも

軽い運動やストレッチでより早く改善されていきます。

 

日頃の予防が大事

 

膝の痛みは体の歪みや疲労、

腰痛、股関節痛など、膝以外が原因になっていることもあります。

 

しかし、これらの原因の場合予防することにより改善も十分可能です。

 

例えば膝を組まないようにする、食生活を見直すなどの対策を取ってみましょう。

 

習慣を変えながら施術を続けることで膝の痛みも少しずつ改善されていきます。

 

膝の専門病院に紹介状を書くこともできます

 

体の歪みなどが原因ではない場合や、

当院の施術を行っても膝の痛みが長期間取れない場合は、

膝の中の組織が痛んでいることも考えられます。

 

そのようなときは

提携している膝の専門病院で検査してもらうことをおすすめします。

 

もちろん紹介状をお出しすることもできます。

 

膝の専門病院で精密検査をしてもらうことによって

原因がはっきりすることもあります。

 

膝が痛い場合は一番最初に当院にお越しください。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院