MENU
TEL LINE

HOME > 脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは

背骨の内側にあって

脊柱管というトンネルの中に

脊髄神経(せきずいしんけい)の束が

通っているが、何らかの原因で狭くなってしまい

神経を圧迫したり血行を阻害したりすることで

痛みやしびれなどの症状を起こすのが、

「脊柱管狭窄症」です。

 

この「何らかの原因」とは

脊柱管に隣接する骨や関節、椎間板、

靭帯などがずれたり劣化したり

分厚くなったりといったことで、

これらの多くは老化が主な原因で起こります。

 

特に腰部分で起こることが多く、

そうなると坐骨神経を圧迫することになる為

「坐骨神経痛」が症状として起こります。

 

坐骨神経痛は、

他にも「椎間板ヘルニア」で引き起こされますが、

椎間板ヘルニアの場合前かがみになると坐骨神経が

引っ張られて痛みが悪化するのに対し、

脊柱管狭窄症では体を後ろにそらした時に

狭窄が悪化するためより痛みが強くなります。

 

脊柱管狭窄症の種類と症状

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、

どの部分の神経が圧迫されるかによって

〇馬尾型(ばび型)

〇神経根型

〇混合型

の3つに種類分けされています。

 

1つは脊柱管の中心部分にある

馬尾神経(ばびしんけい)という神経が

圧迫されている「馬尾型」で、

ここが圧迫されると両下肢にびりびりとした

しびれや疼痛、麻痺などが起こり、

進行すると腸や膀胱に関係する神経まで

圧迫されるようになり、

排尿・排便障害まで起こる可能性があります。

 

その馬尾神経から下肢に繋がる

神経へと分岐した後の、

その根元(神経根)を圧迫しているのが、

「神経根型」。

 

圧迫されている側の臀部から足にかけて、

つまり片足だけにしびれや痛みを感じます。

 

更に馬尾型と神経根型の

2つが合わさった「混合型」もあり、

つまり馬尾神経と神経根の両方が

圧迫されるタイプもあります。

 

いずれのタイプにしても共通して起こる症状が

「間欠性跛行」と呼ばれるもので、

しばらく歩き続けていると

足の痛みやしびれが現れ始めてひどくなっていき

歩けなくなってしまうものの、

しばらく前かがみになって休んでいると

症状が軽くなってまた歩けるようになります。

 

前述の通り脊柱管狭窄症は状態を反らせると

症状が悪化し逆に前かがみになると

楽になるためこのような現象が起こるのですが、

同じ原理で

常に体が前かがみになる自転車などでは、

長時間乗っていても

間欠性跛行が現れないことが多いようです。

 

脊柱管狭窄症になったなら

脊柱管狭窄症になりやすいのは中高年で

腰や首に負担のかかる動作を

長時間続けていた人

(首や腰を曲げたり捻ったりする運動、

座りっぱなしや前かがみの姿勢)で、

女性より男性の方が多い傾向にあります。

 

脊柱管狭窄症を発症した場合、

ヘルニアとは違い自然と治ることは殆どなく、

悪化して楽な姿勢をとっていても

足のしびれが残るようにまでなると、

例え手術しても後遺症として

それが残ってしまいます。

 

もしかしたらと感じたら、そのままにせず

早めに当院「接骨院がく伊勢崎茂呂院」で

施術を受けられるようお勧めいたします。

 

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院