MENU
TEL LINE

HOME > 産前産後の股関節の痛み

産前産後の股関節の痛み

産前産後の恥骨痛はホルモンバランスが原因

産前産後の女性の身体は

ホルモンバランスが崩れやすく、

これによって身体に様々な影響が出てきます。

 

妊娠後の女性の身体はリラキシンという

ホルモンを分泌するようになりますが、

これは出産の準備をスタートさせるもので、

この影響によって赤ちゃんが

大きくなる時のスペースを

確保するため、徐々に骨盤が

開いていくようになります。

 

骨盤が開くと身体の土台は不安定になり、

その上に乗る腰椎や筋肉に今まで以上に

負担がかかるようになります。

 

これが原因で

産前産後の女性は腰痛、恥骨痛、お尻の周囲など

様々な症状に悩まされやすくなるのです。

 

リラキシンの影響は産後になると

次第に落ち着いてきますが、

この期間は産後1カ月から半年と個人差があります。

 

平均値は2~3カ月なので、

産前産後の腰痛、股関節の痛み(恥骨痛)で

お悩みの方は、産後2~3カ月目ごろから

骨盤矯正などの施術を開始することができます。

 

ちょっとしたことでできる対策法

産前産後の腰痛、恥骨痛の大きな原因は

骨盤のバランスが崩れることなので、

これを助長させるような生活習慣は

避けるようにしなければなりません。

 

骨盤のバランスを崩す行為として

よくやってしまいがちなのが横座りですが、

床にはできるだけ座らないようにし、

ソファや椅子に座るように習慣づけてください。

 

また足を組むのも良くないので、

気をつけましょう。

 

これだけでも腰回りの負担はだいぶ軽減でき、

骨盤の崩れが予防できます。

 

食べ過ぎにも注意が必要で、

食べ過ぎると内臓の負担が大きくなり

血液循環が低下して腰痛や恥骨痛の原因になります。

 

重さで内臓が下垂して骨盤周辺の負担に繋がるので

腹八分目に留めることを心がけてください。

 

もし腰や恥骨にズンとした重さがあり

辛いというのであれば、

四つん這いになって背中を丸めた後

ゆっくり反らせるというストレッチを

行ってみると良いでしょう。

 

このストレッチは腰に蓄積した負担を減らし、

疲労や固さを和らげてくれるので、

無理の無い範囲で試してみてください。

 

1セット10回、4~5回ほどを目安にしてください。

 

当院でも症状の改善のお力になれます

接骨院がく伊勢崎茂呂院でも

骨盤のバランスや内臓バランスなどを

整える施術を行っているので、ご相談ください。

 

国家資格を取得した女性施術スタッフも

3名在籍しておりますので、

遠慮なくお申し付けください。

 

産前はもちろん産後の恥骨痛、腰痛にも

対応しますので、

痛みを我慢せず安心して過ごすためにも

ぜひご利用いただければと思います。

 

来院いただいての施術はもちろんのこと、

自宅でできる症状改善のストレッチなども

お教えしますので、

なかなかこまめに施術を受けることができない

という方もぜひ一度お越しください。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院