Blog記事一覧 > 交通事故治療 > 交通事故での接骨院での治療費

交通事故での接骨院での治療費

2017.07.05 | Category: 交通事故治療

交通事故治療費に関する保険会社とのトラブルで多いのが、交通事故に遭い治療やリハビリの一環として接骨院に通院する場合です。特に保険会社には何も知らせず自己判断で接骨院に通ったところ、後日保険会社から接骨院での治療費は賠償金の範囲外、つまり支払えないと言われてしまうというケースが多くあります。

 

そもそも現在の日本では、交通事故治療を含め保険が適用される医療行為とは西洋医学、つまり病院治療を基本としていて、接骨院のような東洋医学は軽視される傾向にあります。実際には西洋医学と東洋医学はお互いを補う存在であり東洋医学も歴とした医療行為なのですが、できるだけ賠償金を安く抑えたい保険会社は接骨院での治療の効果性や必要性を否定してきます。保健や医療に詳しくない患者としては「認められない」と言い切られてしまっては反論の術が見つからず泣き寝入りしてしまうことも多いのですが、ここで覚えておきたいのは、「接骨院での治療も賠償金の範囲内にある」という事実。確かに接骨院で施術に当たるのは医師ではなく柔道整復師ですが、「柔道整復師の行う施術行為は医療行為に含まれる」と認められているため、保険会社が頭ごなしに「接骨院治療費は支払えない」と言い切ることはできないのです。

 

しかし実際に接骨院治療費を気持ちよく支払ってもらうためには、医師が接骨院での治療の必要性を認めていることを証明してもらわなければなりません。そのためにも担当医に接骨院にも通いたい旨をきちんと伝えておく必要があるでしょう。また後遺障害診断書は医師しか書けないため、今後の関係性を考えても医師の許可を取っておくのは大切です。

 

無事接骨院での治療が認められたなら、接骨院選びも慎重に行いましょう。柔道整復師は国家資格ですが、それでも腕の良し悪しがあるのは医者と同じです。群馬県の伊勢崎市周辺でお探しの方は、当院「接骨院がく伊勢崎茂呂院」にご来院ください。「病院でもなかなか良くならなかったケガやむち打ちが驚くほど改善された」との評価を頂いております。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院