Blog記事一覧 > 背中、胸の痛み > かぜ・インフルエンザとは

かぜ・インフルエンザとは

2017.07.19 | Category: 背中、胸の痛み

日本人には肩こりの人が多く、接骨院がく伊勢崎韮塚院に来院される患者様から肩こりや背中の痛みについてのご相談を受けることがよくあります。肩こりや背中の痛みの原因はさまざまですが、かぜやインフルエンザでも肩や背中が痛くなることがあるのをご存じでしたでしょうか。

 

風邪は日本ではポピュラーな病気で、体がだるかったり、せきや鼻水が出ると風邪かなと思う人がほとんどでしょう。風邪は医学用語ではかぜ症候群と言い、鼻やのどなどの呼吸器系の炎症を指しますが、はっきりした定義があるわけではありません。風邪になる原因として多いのは体内に侵入してきたウィルスです。風邪の症状を引き起こすウィルスの中でも特に強力なウィルスがインフルエンザウイルスです。風邪やインフルエンザを引き起こすウィルスは気温が低くて乾燥している環境を好み、日本では冬が風邪やインフルエンザのウィルスにとって暮らしやすい気候です。

 

風邪やインフルエンザになって、背中が痛くなるのは、のどや鼻が痛くなるのと同じ炎症が原因です。体の免疫システムが風邪やインフルエンザウイルスと戦い、戦場となった部分は免疫システムから繰り出される武器の流れ弾に当たって炎症を起こしてしまうのです。しかし、免疫システムが勝利を収めて風邪やインフルエンザのウィルスがいなくなれば、背中の痛みも自然と引いていきます。背中の痛みのほかに発熱、鼻水やせき、のどの痛みなど風邪の症状も出ている時は、接骨院がく伊勢崎韮塚院よりも内科を受診していただくほうが良いでしょう。

 

自分の体の免疫システムを応援するためには、できるだけ体を動かさない、つまり布団に入って横になるのがお勧めです。風邪やインフルエンザのウィルスは寒くて乾燥している場所が好きなので、暖房をつけて室内を温かくし、加湿器も付けるか、濡れたタオルを布団の近くに干して、鼻やのどのまわりの空気が乾燥しないようにも気を使ってください。マスクをすると鼻やのどを適度に湿らせることができますので、風邪やインフルエンザのウィルスを退治するのに効果的です。免疫システムが戦っている時は体内の水分もずいぶん使ってしまいます。温めたスポーツドリンクや、ハチミツやショウガを溶かした温かい飲み物で水分をたっぷり補給しましょう。仰向けに寝ると、背中の痛みが気になることが多いので、風邪やインフルエンザで背中が痛くなっている時は、横向きで背中を丸めて寝た方が痛みを感じにくく寝付きやすいという方が多いです。背中などの筋肉の痛みがあまりにもひどい場合は鎮痛作用のある解熱剤を処方してもらえることがあります。内科で診てもらう時に医師に相談すると良いでしょう。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院