Blog記事一覧 > スタッフブログ > 伊勢崎市 酸素カプセル 二つの酸素

伊勢崎市 酸素カプセル 二つの酸素

2016.06.02 | Category: スタッフブログ

カラダの中には2タイプの酸素が存在します。

 

それというのは【結合型酸素】と【溶解型酸素】になります。

 

結合型酸素はその名前が示す通り、血液のなかのヘモグロビンにより結び付けられる酸素になります。

 

カラダの中の酸素の99%が結合型の酸素となりますが、ヘモグロビンと結び付いているためにヘモグロビンの容積を超過して送り届けられることはないのです。

 

さらにカラダ全身の血管の90%くらいは細い毛細血管になるのですが、結合型酸素は大きさが大きく毛細血管を通過しにくいという側面を持っています。

 

一方、溶解型酸素はヘモグロビンの容量においては制限をうけません。

 

その上大きさががとても小さいので血液のなか、体液のなかに直接的に溶け込み毛細血管を通過しやすいという特徴があります。

 

結局のところ溶解型酸素をカラダ中にたくさん入れ込むことが肝心なことになるのですが、溶解型酸素は従来の呼吸のみでは極めて少量で、 酸素をいつもどおり吸入すること程度では増加しません。

 

そういうような難儀を、高気圧の状態を可能にした伊勢崎市の整骨院 接骨院がく伊勢崎茂呂院の高性能酸素カプセルが解決します。

 

酸素カプセルはヘンリーの原理法則にもとづき、非常に理論に則したシステムでカラダ中の溶解型酸素を増加させます。

 

ヘンリーの原理法則とは【気体が液体に溶け込む量は、その気体の分圧に比例する】といった理論です。

 

伊勢崎市の整骨院 接骨院がく伊勢崎茂呂院の酸素カプセルは最大1.35気圧の高気圧の状態をつくり出し、カラダに吸収されやすい酸素を取り込むことが可能です。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院