MENU
TEL LINE

HOME > 腰の痛み(脊柱管狭窄症)

腰の痛み(脊柱管狭窄症)

中高年での発症が多い

慢性的な腰痛の中でも

中高年が多く発症するのが脊柱管狭窄症です。

 

全ての中高年に当てはまる

というわけでは無いものの、

慢性的な腰痛の原因に占める割合は

非常に高い症状です。

 

簡単に言うと背骨の骨と骨の間隔が

狭まり神経が圧迫され、

それによって痛みや痺れが起きる症状で、

患者数は年々増えており、

全国で200万人以上の人が

悩まされているとも言われます。

 

脊柱管狭窄症は、

腰や首に衝撃や負担がかかる運動や、

デスクワークやドライバーなど

長時間同じ姿勢をとり続けていた、

繰り返し重たいものを持つ作業が多い

といったことが原因となり、

年齢を重ねることで次第に症状が悪化、

徐々に痛みや痺れが起き

次第に強くなっていくことが多いです。

 

若いうちからの仕事や生活動作が原因となり

徐々に負担をかけそれが蓄積、

発症するものなので、

圧倒的に中高年の患者さんが多いです。

 

若いうちから用心することが大切

脊柱管狭窄症は、腰に痛みがある他、

重さ、背筋を伸ばしたり反らしたりすると痛む、

前かがみの姿勢が楽、

脚にもしびれや痛みが伴う、

歩いていると症状が強まる

などのような特徴があります。

 

これらの症状を伴う場合、

脊柱管狭窄症の可能性は非常に高いので、

一度病院できちんと検査をして

診てもらいましょう。

 

症状が酷くなると腕や手にも

痺れや痛みが現れてくるので、

放っておくのは禁物です。

 

歩行困難、排尿排便障害などが

起きることもありますから、

早めに診断を受け

必要な治療を受けるようにしてください。

 

脊柱管狭窄症は長い年月をかけて

徐々に進行していくものなので、

若いうちから危機感を持ち

対策をとっていくことが大切です。

 

もし痛み、痺れがあるのであれば

首や腰に負担をかけないよう努めたり、

後に影響を残さないよう

まめに身体のメンテナンスを行うべきです。

 

またこの症状に悩む患者さんは

圧倒的に男性が多いものの、

近年は女性の患者さんも増えてきているので、

腰に悩みがある場合は油断は禁物です。

 

脊柱管狭窄症の診断と治療

脊柱管狭窄症かどうか調べるためには、

整形外科において検査を受ける必要があります。

 

MRIを撮り画像診断で判

断されることがほとんどで、

整体院や整骨院ではこういった設備は無く、

予測評価はできても診断行為はできませんから、

まずは病院に相談してください。

 

治療方法は手術・薬や、運動で

改善を図る保存療法、整体になります。

 

まずは手術と保存療法のどちらにするかを

医師に判断してもらい、

保存療法をすすめられた場合は

整体で回復を図ることが可能になります。

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院でも

信頼のできる整形外科や病院を御紹介したり

痛みの軽減の治療はできますので、

安心してご来院ください。

 

背骨の動きを良くして姿勢を良くする

といった形で改善に取り組んでいきます。

 

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院