HOME > 酸素カプセルについて

酸素カプセル

接骨院がく伊勢崎茂呂院で使用している酸素カプセル(APF2)は縦型高気圧の高性能酸素カプセルになります。

酸素カプセル内の気圧は、自分の体調や好みに合わせ
最大1.35気圧・1.30気圧・1.2気圧まで
調整することができます。

良質な酸素を体内に取り入れることで、疲労物質である乳酸を分解し、
疲労をとるのにもよい器械です。

また毛細血管の固まりである皮膚にも、酸素がすみずみ行きわたることで美肌効果も期待されます。

取り入れた酸素は血液中だけではなく、リンパ液や脳の随液にまで行き渡るので身体全体の血液の流れが良くなり、むくみや冷え、肩こりなどの状態をよくするのにも役立ちます。

脳に酸素が行き渡ると集中力や記憶力のアップも期待できます。

健康的な体を作るためにも十分な酸素が欠かせません。
オリンピック選手・サッカー・野球などのトップアスリートも使用しています。

●疲労回復  ●ケガの早期回復  ●記憶力、集中力  ●眼精疲労

●美肌、ダイエット  ●アンチエイジング  ●肩こり  ●腰痛  ●寝不足

●ストレス  ●睡眠障害  ●冷え症  ●メタボ  ●乳酸分解

●コンディショニング  ●二日酔い  ●リラックス  ●免疫力向上

●癒し  ●集中力向上  

酸素カプセル(APF2)

怪我(骨折・捻挫・肉離れ)

骨折やケガで筋肉や靭帯を損傷すると、患部の毛細血管が切れ、
残りの正常な毛細血管・細胞は腫れなどにより圧迫され
血流が滞ってしまいます。

そのため、酸素がうまく患部に行きわたらない状態になっています。

ケガにより破壊された細胞の再生、毛細血管、血流を活性化させるにはたくさんの酸素が必要です。

酸素を多く取り込むことにより細胞の新陳代謝が高まるため
細胞の再生時間を短縮することができ、炎症を抑える効果が期待できます。

ケガをした患部の細胞は、毛細血管が断裂したり細胞が圧迫されていたりして
酸素がいきわたりにくいため、より小さい酸素を必要とします。

通常の酸素では、毛細血管を通って体の隅々まで行きわたることができませんが
酸素カプセルで取り込む「溶解型酸素」は、
小さいため、体の隅々まで酸素を行きわたらせることができます。

カプセル内の気圧が高いほど溶解型酸素が増えるため、
特に高気圧酸素カプセルはケガの回復に絶大な効果があります。

損傷した場所、周りの組織の修復能力が高まるので、効果が期待できます。

院内にある、超音波(ライプス)、アキュスコープなどの施術と組み合わせると
より状態をなおしやすくなり、早期復帰に期待できます。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院