MENU
TEL LINE

HOME > 足裏のしびれ

足裏のしびれ

足の裏がしびれて治らないという悩みを

抱えて相談に来る人が年々増加しています。

 

しびれは身体のどこか、

特に神経に不調をきたしている

可能性が高いので、

そこまで痛くないからと放っておくと

とても危険です。

 

足の裏だけしびれて

そこまで痛くないので

湿布などで応急処置をしていると、

湿布が効いている間は

しびれを忘れることができるのですが、

湿布の効果がなくなると

再び同じようにしびれてしまう

といった症状を繰り返している方。

 

また、内くるぶしの後ろを叩くと

発生するような痺れが

ずっと続いているという方は

足根管症候群の可能性がとても高いのです。

 

足根管症候群はどんな症状?どうしてなるの?

足根管症候群の主な原因は

足の内側を走る足底神経の圧迫によって

起こるしびれです。

 

この聞きなれない病名である足根管症候群ですが、

この症状も神経の圧迫によって

起こる可能性があるので、

誰にでも起こりえる病気になります。

 

 

手先と同じように足の裏にまで

末梢神経は伸びており、

そこが圧迫されると、

末梢神経の先端がしびれてしまう

という症状なのです。

 

手先に伸びる末梢神経は

手首の辺りで圧迫されると

手の先端部分でしびれを

発生させてしまうように、

足首の内側を通る末梢神経が圧迫されると

足の裏にしびれを起こしてしまうので、

手首同様足首も窮屈にしないことが

大切になります。

 

サイズの合わない靴を無理やり履いて

長時間過ごしたり、

スポーツをしている人の

ランニングシューズやスパイクなどで

長時間足首を締め付けるといった、

毎日の何気ない行動で

足根管症候群を発生する場合も多くあります。

 

また足を捻挫して足首が腫れてしまったり、

通風やリウマチなどによって

足首が腫れてしまうなどの

内的要因で神経を圧迫して足根管症候群を

起こしてしまう場合などがあります。

 

この足根管症候群を放っておくと

しびれはどんどん進行し、

歩いたり走ったりすると

足裏に激痛が走るようになってしまう

かもしれませんので、

足裏に痺れを感じた人は

早めの対策が必要になってきます。

 

足根管症候群に適したセルフケア

自分で出来る足根管症候群の対策としては

自分に合ったサイズの靴を

履くということはもちろん、

靴紐を強く締め付けないことなど、

内くるぶしを圧迫するものが極力ないように

務めることが大切です。

 

ただ、内くるぶしの圧迫を改善してもなお

足裏のしびれが続いてしまうという人は、

関節の腫れなど内面的な要因が

疑われますので、

一度接骨院がく伊勢崎茂呂院へお越しください。

 

もし専門医への検査が必要な場合は

紹介状もご用意できますので

安心してお越しください。

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院では

これまで多くの足根管症候群に悩む方の

ご相談を受け、

専門の柔道整復師や鍼灸師が

個人個人にあった施術で

お悩みを解決してまいりました。

 

足裏のしびれがしばらく続いて

不安だという方は、

お気軽に接骨院がく伊勢崎茂呂院に

ご相談ください。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院