HOME > 足の親指の痛み(外反母趾について)

足の親指の痛み(外反母趾について)

外反母趾でお悩みの方へ

こんな悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

・自分に合う靴がない。
・歩くたびに指が痛く、長時間歩けない。
・治療法が分からない。

外反母趾とは

外反母趾とは、簡単に言うと足の親指の付け根が極端に外側に出っ張り、先端は小指側に向いている状態です。 骨が変形して曲がってしまっている状態でもあるため、歩くだけでも激痛を感じることがあります。

また今は大丈夫でも、外反母趾予備軍と呼ばれ、早めに予防しておかないと数年後には外反母趾になってしまう状態の女性も少なくありません。

外反母趾の原因と予防法

外反母趾になってしまい痛みに悩まされる前に、原因と予防方法を知っておきましょう。

外反母趾になっているかは、自分で簡単にチェックすることができます。

・靴を履いた時に、親指の付け根があたって痛みを感じる
・偏平足になっている
・立った状態で足の指を見た時に親指の先端が小指の方に向いている

上記にあてはまる場合は、外反母趾の可能性が高いです。

最初はそれほど痛みを感じませんが、徐々に症状は進み、裸足で歩いたり、足の親指を曲げただけでも、痛むようになります。

女性に多い外反母趾

そもそも外反母趾になる理由には色々なポイントがあります。

靴の選び方や生活習慣、歩き方が関係していると考える人は少なくありません。 しかし外反母趾で治療をされている女性も様々なので、理由が何かを断言することは難しいです。

男性に比べて女性の方が外反母趾になる確率が高いのは、骨格構造の強度が弱いためと考えられています。 外反母趾になる理由は一人一人異なるため、自分の原因をしっかりと理解してから予防や治療をすることが大切です。

例えば偏平足であれば、将来的に外反母趾になる可能性が高くなるので、靴のインソールで骨や足の筋肉を強化することができます。またウォーキングなどの運動を取り入れることで筋力低下を防止することができます。

しかし多くの方は原因や対処法が分からず、ただただ痛みに耐えておられるケースが多いです。

外反母趾の治療について

接骨院がく伊勢崎茂呂院では、痛みの原因を分析し患者さん一人一人に最も適した対処法を提案しています。

サポーターを着用することや、歩き方を改善することで痛みを和らげることもできます。 外反母趾の治療は1、2回で終わるものではありません。

長い時間をかけて骨と骨の位置がずれてしまったわけですから、同じように時間をかけて治療をする必要があります。

経済的にも負担にならないように、接骨院がく伊勢崎茂呂院では毎回の費用を安く設定しています。平日21時まで(土曜日は14時30分まで)対応可能なので、仕事帰りでも通院が可能です。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院