HOME > 足の指の痛み(中足骨骨頭痛)

足の指の痛み(中足骨骨頭痛)

足にも沢山の骨が存在していて、その一つ一つの骨に名前が付けられています。
今回は「中足骨骨頭部」という部分について考えましょう。初めて聞いたという人も少なくないでしょう。
簡単に言えば指の付け根部分を指して使われます。
この部分は歩く際に最も体重が集中するため重要な部分でもあり、痛みが生じやすい部分でもあります。

中足骨骨頭部痛の原因として考えられるのは、開張足です。
足の骨には合計3つのアーチがあります。
このアーチがあることで歩行時の衝撃を吸収できています。
またアーチがあることで、骨と骨との間に間隔ができるので、神経系が正常な働きをすることができます。
ところがこのアーチが崩れてしまうと、歩行時に上手に衝撃を分散・吸収することができなくなるため、足の裏に加えて膝や腰に負担をかけることになります。
またそれまで骨と骨との間にあった間隔も狭くなるため、そこにある神経系は圧迫され痛みや痺れを感じるようになります。
人差し指から中指の根本付近にマメやタコなどができていると開張足になっている可能性が疑われます。
そのままの状態でいると痛みが伴い、中足骨骨頭部痛に進行してしまうでしょう。

当院を受診される女性の患者さんの多くは、ヒールの高い靴や底が薄い靴が原因となって中足骨骨頭部痛を引き起こしておられます。
どうしてもヒールの高い靴を履かなければいけない状況もありますが、開張足になっておられる女性にはヒールの高さが4cm以上の靴はおすすめできません。
またつま先がかなり細くなっている靴も横のアーチを歪める要因となるので避けたほうが良いでしょう。
中足骨骨頭部にかかる負担が増すため、時間の経過と共に痛みが出て来ると考えられます。
ヒールの高い靴を履くのであれば、インソールやパットを使用することで中足骨骨頭部にかける負担を軽減するようにしましょう。
つま先部分に厚みのあるインソールを使うことをおすすめします。

接骨院がく伊勢崎茂呂院では、偏平足や開張足といった骨のアーチが歪んだり崩れることで生じる痛みや痺れなどに対応しています。
テーピングやリハビリなどで崩れてしまったアーチも回復させることができます。
骨は長い期間をかけて歪み、変形してしまうため、回復するにもある程度の期間通院していただく必要があります。
接骨院がく伊勢崎茂呂院は治療を続けることができるように、治療費を安く設定してあります。
女性スタッフも常駐しているので、女性の方も安心して施術を受けられます。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院