MENU
TEL LINE

HOME > 足のアーチのゆがみ

足のアーチの歪み

皆さんは、足にアーチがあることを

ご存じでしょうか?

「足にアーチ?」と思われた方も

いるかもしれませんね。

 

私たちの足は歩きやすいように、

骨が絶妙なアーチ型になっています。

 

足の内側に縦アーチ、

外側にもう一つの縦アーチがあり、

そして親指の付け根から

小指の付け根にかけて横アーチがあります。

 

この3つのアーチがあることで、

歩いた際に生じる衝撃を足の裏で吸収し

分散させることが可能になっています。

 

ではこのアーチが歪んでしまったり、

崩れてしまうとどうなるでしょうか?

衝撃を足の裏で吸収することができないので、

足はもちろんのこと膝や腰、肩など体の色々な部位に

負担をかけてしまい痛みが生じます。

 

そのため、足のアーチを正常な状態に

保つことは体全体のバランスや

健康のために非常に大切です。

 

では正常だった足のアーチが

なぜ歪んでしまったり、

崩れてしまうのでしょうか?

実はこの症状は男性よりも女性に多く見られます。

 

そもそも足にアーチができているのは、

骨と骨をつないでいる靭帯にポイントがあります。

 

靭帯は骨と骨をつなげる

バンドのような役割があり、

更に上手に骨が運動できるように

バネのような役割もあります。

 

この靭帯の強度が弱くなると、

アーチが歪んでしまいます。

 

女性は男性に比べると

靭帯の強度が弱い特徴があります。

また女性が履く靴にも原因があります。

 

ヒールの高い靴を履くと、

体の重さを足の裏ではなく、

中指と人差し指の付け根の部分で

支えることになります。

 

ヒールの高い靴を履く頻度が多かったり、

長時間履いていると足のアーチは徐々に

歪んだり崩れてしまいます。

 

ヒールの高い靴を履く際はインソールなどの

クッションを入れることをおすすめします。

 

当院 接骨院がく伊勢崎茂呂院は患者様の

足の状態をしっかりと見た上で

数あるインソールの中からおすすめの

インソール(中敷き)を提案させていただきます。

 

足の筋肉を鍛えることで、

アーチの歪みをある程度治すことは可能ですが、

靭帯によって支えられているため、

一度歪んでしまうと

完全に回復させることは難しいです。

 

大切なのは足のアーチが歪んで

痛み始める前に予防することです。

 

毎日数分だけでもいいので、

足の指を使ったジャンケン体操は

足の筋肉をつけるのに効果的です。

 

また毎日履く靴はゆったりサイズではなく、

サイズの合った紐靴がおすすめです。

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院では、

歪んでしまったり崩れてしまった足のアーチを

正常な状態に戻すための施術に力をいれています。

 

腰痛などでお困りの方も、

実はこの足のアーチが歪んでいることが

原因になっている可能性もあります。

 

足のアーチの歪みをそのままにしておくと、

外反母趾など別の痛みになる可能性が高くなります。

 

「何か調子が変だな」と思ったら

早めに接骨院がくにお越しください。

 

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院