MENU
TEL LINE

HOME > あごの痛みのセルフチェック

顎(がく)関節症かも?セルフチェックしてみよう

顎(がく)関節症を判断するためのチェック項目としては、

① あごが痛い、

② 今までに感じたことが無い痛み、

③ 口が開かない、

④ あごを開閉すると音が鳴る

といった点が一つの目安になります。

 

こういったことに当てはまる場合は

顎関節症もしくは

その一歩手前である可能性が高いので

気をつけましょう。

 

また何もしていない時ではなく

開け閉めの際に痛みがある、

指縦3本分も開かない、

急に音が無くなり口が開かなくなった

というような場合は

ほぼ顎関節症であることが疑われるので

要注意です。

 

症状が軽くても

急激に悪化することもありますから、

 

おかしいなと思ったら

大事をとって

整形外科もしくは接骨院に

相談をしてください。

 

早い段階で相談をした方が

症状も軽く治りも早いので、

放置することのないようにしましょう。

 

ただ音が鳴っても

痛みが無いという場合は

そこまで心配する必要は無いので、

極端な心配は不要です。

 

 

なりそうかなと感じたらセルフマッサージで様子を見て

そこまでひどい症状ではなくても

何となく

顎関節症になりそうな感じがする

という場合は、

セルフマッサージをして様子を見てください。

 

顎関節症は

筋肉の緊張で

引き起こすことも多いので、

あごに繋がる筋肉をほぐすことで

予防できることもあります。

 

親指以外の4指を

こめかみ部分に当てて

圧をかけながらほぐす、

人差し指と中指で

耳とほっぺの間の筋肉を

円を描くようにほぐすといった

簡単なマッサージで良いので、

試して様子をみてみましょう。

 

この2カ所の筋肉は

あごを動かすにあたり

重要な役割を果たすので、

あれと思った時は

ぜひほぐしてみてください。

 

もし症状が落ち着かず

痛みが増してきたら、

早めに口腔外科、

接骨院へ相談をすることをおすすめします。

 

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院では身体の歪みまでチェックして原因を探ります

接骨院がく伊勢崎茂呂院では、

生活習慣や身体全体の歪みなどを

チェックしながら

症状の改善を行っていきます。

 

口腔外科では

マウスピースを利用した

治療が一般的ですが、

これは骨格に歪みがある場合だと

効果が無いことも多く、

かえってマウスピースを使用することで

肩こりや頭痛に悩まされる人もいたりします。

 

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院では

生活習慣をはじめとした

患者さまのライフスタイルについて

お話を聞きながら

カウンセリングを行い、

丁寧に原因を探り

症状改善に尽力させていただくので、

ぜひご利用いただければと思います。

 

 

顎関節症は

普段やっている

何気ない動作が

原因で引き起こされることも多く、

そういった生活習慣を

改めるだけで

良くなることもありますから、

症状の改善と共に

今後の再発を防ぐためにも

当院をお役立てください。

 

 

まずは

ご相談だけでも構いませんので、

ご来院をお待ちしております。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院