MENU
TEL LINE

HOME > あごがガクガクする方へ

■顎関節症(がくかんせつ症)の症状と原因

顎関節(がくかんせつ)とは頭の骨と下あごの骨とが合わさる関節で、
ちょうど両耳の前側辺りにあります。

 

この場所には2つの骨の間でクッションの役割をする「関節円板」(ついかんえんばん)という組織があり
この関節円板が何らかの理由で

ずれて上手くあごの開け閉めができなくなるのが「顎関節症」です。

 

これによりあごを開け閉めするときに

「カクカク」「ミシミシ」といった音を立てたり

あごを動かすと痛みを感じたり

口を動かす動作が難しくなったりします。

 

ではその「何らかの原因」とは何なのかと言うと、

まず元々発症しやすい素因となるもの(噛み合わせの悪さや体の歪みなど)に

きっかけとなる発症因子(姿勢の悪さや顎関節に影響を与えるような癖、ストレス、外傷など)が加わった場合です。

 

例えば元々歯の噛み合わせの悪い人が

クセでついつい、いつもほお杖をついていると、

顎関節に負担がかかり続け

あるときついに関節円板が耐えきれなくなってずれてしまう、といった感じです。

 

 

■顎関節症(がくかんせつ症)は何科に受診する?

あごの関節なので、

口腔外科はもちろんのこと、

歯科でも診てもらうことができます。

 

これらの診療科では

まずマウスピースによる治療法がとられるでしょう。

 

それらでも改善しない場合や

あまりに症状がひどい場合には、

大学病院や総合病院の口腔外科で

外科的治療をしてもらう必要が出てくるかもしれません。

 

逆にそれほどひどくない場合は

接骨院や整体での治療も可能です。

 

ただし、接骨院や整体にはあまり顎関節症に詳しくないところもあるので、

先に問い合わせしてみると良いでしょう。

 

当院「接骨院がく伊勢崎茂呂院」では顎関節症(がくかんせつ症)にも対応しておりますので、

是非ご相談ください。

 

■自分でできる顎関節症対策

顎関節症も初期段階であれば、

自宅で治すことが可能です。

 

まず突然痛みを感じたり

痛みが激しくなった場合には、

あごの関節部分に炎症が起こっているため

冷やして炎症を抑えましょう。

 

痛みが引いてきて

あごを動かす時だけ痛むようになったなら、

今度は逆に温めて血行を良くします。

 

血行を良くし筋肉を解すには、

マッサージも効果的です。

 

耳の穴の前のちょっと上あたりのくぼんでいる所を

親指で押さえ、

前後にあるいは円を描くようにして優しく動かしましょう。

 

次に歯を食いしばった時に

ほっぺたの後ろの方で固くなる部分、

ここにも親指を当てて同じように動かしてください。

 

ただし、痛みが強い時はまだ炎症が治まっていない状態ですから、

マッサージは余計に炎症をひどくしてしまいます。

 

あくまで症状が落ち着いてからにしましょう。

 

前述の通り顎関節症は

素因に発症因子が組み合わさった場合に発症しますから、

それらの要因を取り除くことも大切です。

 

噛み合わせや体の歪み、

姿勢の悪さ、

噛みクセや寝るときのクセなど

あごに負担をかけるようなクセを矯正しましょう。

 

ただ、これらの多くは自分では気づいていないか

あるいは自分ではなかなか矯正できないものでもあるため、

やはり、まずは医療機関や接骨院がく伊勢崎茂呂院に受診されることをお勧めします。

 

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院